ABOUT | Fish School / フィッシュスクール

ABOUT

こんにちは。
このたびはFishSchoolのページをご覧いただきありがとうございます。

私たちは福岡市で水産資源保全をテーマに
資源と環境に配慮した水産加工品を販売しています。

当店で取り扱う魚には、3つの基準を設けています。
それは今現在において、

①資源量が安定している魚、
②活路がなく未利用となっている魚、
③漁師さん協力のもと資源調査活動で漁獲する魚、

です。

水産庁の発表によると、年々水産資源は減少しているとあります。
現場の漁師さんも魚が少なくなっていると肌で感じているようです。

漁業管理制度の不備や気候、環境の変化など、、、、、
たくさんの要因が絡み合っての現状だと思います。

海の資源は無限ではありません。
このまま何も変わらなければ、魚は海からどんどんいなくなり
美味しい魚料理が気軽に食べられなくなるかもしれません。

しかし、
科学データをもとに適切な資源管理と環境保全をおこない、
生態系のバランスを整えることができれば、
天然資源の魚は自然回復し、私たちの食生活を支えてくれるとても大切な食料源になります。

これまでは海の砂漠化(磯焼け)の対策として漁獲されていた未利用魚(主にイスズミ、アイゴ、ブダイなどの植食性魚類)を商品化してきました。

さらに2022年からは、
漁業現場に行って博多湾の資源調査を始めました。

そこで感じたことや情報を随時更新しながら、
豊かな海と魚食文化を次の世代に繋げていきたいと思っています。